個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、日常生活の中で偶然の事故により、他人にケガをさせたり、他人が保有しているモノを壊したりするなど、法律上の損害賠償責任を負った場合に、被害者に対して支払うべき損害賠償金等に備えることができる保険をいいます。これは、他人に損害を与えた「偶然に起きた事故」が保険の適用対象であるため、故意に他人を傷つけたり、モノを壊したりした場合や、他人への名誉毀損などの損害賠償の場合などは支払いの対象外です。また、自分が借りたモノの破損による損害賠償、職務上の事故、天災に起因する事故などについても支払いの対象外です。

一般に個人賠償責任保険は、損害保険の中でも保険料が安い割に補償範囲が幅広く、また日常生活に関わる高額の損害賠償を補償するため、身近なリスク管理において有効な保険と言えます。現在、単体の保険での提供は少なく、通常、保険に加入する場合は「個人賠償責任特約」として、傷害保険や自動車保険、火災保険などに付帯するケースが多いです。なお、本保険は、損害保険の商品によっては、特約ではなく基本プランにセットされていたり、またクレジットカードによっては、たまに自動付帯しているものもあるため、自分が知らないうちに加入しているケースもあります。

個人賠償責任保険の被保険者の範囲

個人賠償責任保険では、家族の中の誰か一人が加入していれば、家族全員がほぼカバーされ、具体的な被保険者の範囲は以下のとおりです。

・本人
・本人の配偶者
・本人または配偶者生計を共にする同居の親族
・本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

個人賠償責任保険の補償対象になる事例

個人賠償責任保険は、普段の日常生活の中で、例えば、以下のようなケースが補償対象となります。

・自転車で通行中、誤って歩行者にケガを負わせてしまった
・買い物をしていて、店の陳列物や商品を壊してしまった
・子供が遊んでいて、他人の家のガラスを割ってしまった
・子供が友達の家の高価な骨董品を誤って壊してしまった
・風呂の水を出したままにして、階下の部屋を水浸しにしてしまった
・スキーの滑走中に誤って他人にぶつかりケガをさせてしまった
・飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまった

個人賠償責任保険の補償対象とならない事例

個人賠償責任保険は、例えば、以下のようなケースは補償対象となりませんので、ご注意ください。

・自動車で事故を起こしてしまった
・海外旅行中にホテルで賠償事故を起こしてしまった
・レンタルビデオ店から借りてきたDVDを割ってしまった
・友人から借りていたモノを壊してしまった
・親族から借りていたモノを壊してしまった
・仕事で商品を運搬中に誤って壊してしまった

個人賠償責任保険の事故発生時の書類

日常生活の中で賠償責任事故が発生した場合、加入している個人賠償責任保険によって若干の違いはありますが、通常、保険請求時に以下のような書類が必要となります。

・保険金請求書
保険証券
保険会社が定める事故状況報告書
・示談書(これに代わる書類)
・損害を証明する書類

個人賠償責任保険の基本事項

個人賠償責任保険は、日常生活の中での損害賠償に備える場合に活用します。

取扱機関 損害保険会社、保険代理店など
カバーリスク 日常生活の損害賠償
(他人の身体を傷つけたり、他人のモノを壊したり・・・)
保険期間 1年など
保険金 ・損害賠償責任保険金
・応急手当や護送費用等の救急処置費用
・裁判になった場合の訴訟費用、弁護士費用 他
貯蓄性 無し
特色 ・割安な保険料で高額な補償が確保できる
・日常生活の身近なリスクに備えることができる
・本人以外に家族も対象であることが多い
備考 ・保険商品によっては知らないうちに加入していることもある
・示談交渉サービスがついているかチェックする