家族傷害保険

家族傷害保険は、家庭内や職場内、通勤途上、スポーツ中、旅行中などの日常生活の中で起る、様々な家族のケガを補償する保険をいいます。また、ここで言う「ケガ」とは、急激かつ偶然な外来の事故により、身体に傷害を被った状態のことをいいます。

一般に家族傷害保険は、補償する範囲は「普通傷害保険」と同じですが、被保険者本人だけでなく、配偶者および生計を共にする同居の親族の日常生活における傷害事故についても保険金が支払われます。また、特約により夫婦のみを補償対象とすることもできます。さらに、日常生活の中で、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる「賠償責任特約」なども付加することができます。

家族傷害保険の商品タイプと特色

家族傷害保険は、保険期間が1年の「自動継続タイプ」が基本ですが、それ以外にも、保険期間が複数年(3年、5年、10年など)で満期返戻金のある「積立家族傷害保険」も保険会社によっては用意されています。また、その特色として、国内外を問わず、様々な事故によるケガが補償対象になることや、保険金(傷害保険金)が健康保険・労災保険・生命保険・第三者からの賠償金等とは関係なく支払われることなどが挙げられます。

家族傷害保険の補償の対象者

家族傷害保険では、被保険者本人に加えて、以下の方も補償の対象となります。

・被保険者本人の配偶者
・被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族
・被保険者本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

家族傷害保険の基本事項

家族傷害保険は、日常生活の中での「ケガ」などに備える場合に活用します。

取扱機関 損害保険会社、保険代理店など
カバーリスク 日常生活の中で起るケガ
保険対象 家族全員のケガ
保険金 ・死亡保険金
・後遺障害保険金
・入院保険金
・手術保険金
・通院保険金 他
貯蓄性 無し(積立型は有り)
関連商品 普通傷害保険(加入者のみを補償)
備考 ・各種特約(賠償責任他)を付帯可能
・保険金が支払われないケース等を確認