積立利率変動型終身保険

積立利率変動型終身保険は、死亡・高度障害の保障が一生涯続く、金利変動に対応した終身保険をいいます。また、積立利率とは、積立金(将来の保険金を支払うために保険料の中から積み立てた部分)に付利する利率をいい、毎月見直しが行われ、その時点の市場金利を反映します。そのため、本保険では、金利環境が好転(上昇)した時は、積立利率の上昇が期待できます。なお、契約時に定めた積立利率は、最低保証されています。

一般に積立利率変動型終身保険は、通常の終身保険と同様、被保険者が死亡した(所定の高度障害状態になった)場合に「死亡保険金高度障害保険金)」が支払われ、一方で中途解約した場合には「解約返戻金」が戻ってきます。また、保険金については、契約時に定めた保険金額は最低保証されますが、積立金額が一定基準を上回った時は、保険金額の増加(基本保険金額+増加保険金額)が期待できます。

積立利率変動型終身保険の主な特徴

積立利率変動型終身保険は、通常の終身保険とは仕組みが異なるので、加入にあたっては、その特徴をよく理解しておく必要があります。

・一生涯の死亡保障(高度障害保障)を確保
・積立金に付利する利率は毎月見直し
・契約時に定めた積立利率を最低保証(金利上昇にも対応)
・契約時に定めた保険金額を最低保証(保険金額の増加も期待)
・払込終了時まで保険料は一定
・各種特約を付加可能
契約者貸付制度を利用可能
・保険資産は、他の保険と明確に区分経理され、独立した運用管理

積立利率変動型終身保険の商品タイプ

積立利率変動型終身保険は、保険会社によって、様々な商品タイプが用意されています。

・円建ての商品のほかに、ドルなどの外貨建ての商品もある
・保険料が月払いの商品のほかに、一時払いの商品などもある
・将来、終身保障を年金などの老後保障に移行できる商品もある
・無配当タイプが主流である(その分、保険料は割安)

積立利率変動型終身保険の基本事項

積立利率変動型終身保険は、金利変動に対応したい場合に活用します。

取扱機関 生命保険会社、保険代理店、銀行など
カバーリスク 死亡、高度障害など
保険期間 一生涯
加入年齢 商品により異なる
保険金 死亡保険金、高度障害保険金
貯蓄性 有り