金融マーケットの仕組み

資産運用において、全ての金融商品は、「金融マーケット」と結びついています。これは、大きく分けて、外国為替市場、短期金融市場、債券市場、株式市場、商品市場の5つから構成されます。通常、各マーケットは、単独で動いているのではなく、相互に影響し合いながら、また経済や政治、国際情勢、ビジネス動向といった様々な要因を織り込みながら動いています。

一般に預貯金が中心の運用(貯蓄)では、短期金融市場に依存しているため、主に「金利動向」に注意を払っていればすみました。一方で、投資信託株式外国為替証拠金取引などのリスク型商品で運用(投資)する場合には、マーケット全体をよく見なければなりません。では、マーケット全体を見るといった場合、一体、どこに注目すればよいのでしょうか? 基本的には、新聞やテレビ、インターネットなどで、市況や経済、政治、社会、産業、国際情勢などを幅広くチェックすることが必要です。また、同時に、普段身近に感じる景況感や将来の見方なども大切ではないかと思います。

ここでは、金融マーケットを見る上での基本事項について、簡単にまとめてみました。

※商品市場は、厳密には金融マーケットではないが、ここでは含めている。

金融マーケットと金融商品について

各々のマーケットは、以下のような商品に特に影響を与えています。

・外国為替市場
-外貨預金、外貨MMF、外国為替証拠金取引・・・
・短期金融市場
-預金、貯金、金銭信託、MMF、MRF・・・
・債券市場
-国債、地方債、社債、債券ファンド・・・
・株式市場
-株式、株式ファンド、ETF、ETN・・・
・商品市場
-商品ファンド、商品先物取引、金、ETF、ETN・・・

金融マーケットの変動要因について

金融マーケットの変動要因として、内部要因と外部要因が挙げられます。

・内部要因
-需要と供給(マーケットメカニズム)
-市場参加者の動向(思惑、心理)
-市場のエネルギー(市場のうねりと変動)
・外部要因
-経済(ファンダメンタルズ)
-政治(政策)
-世界情勢
-産業(ビジネス)
-社会

金融マーケットの分析について

金融マーケットの分析として、以下のような視点があります。

・日常チェック
-主要マーケット指標(為替レート、株価指数、長短金利、金、原油 他)
ファンダメンタル分析
-マクロ分析、ミクロ分析
テクニカル分析
-チャート分析