家計のフロー面をチェックする!

日常生活の中で「家計のフロー面」のチェックは、年間の収支状況や年収の推移状況を把握することが目的です。実際に家計管理において、資金の流れを見ることにより、家計(収支)の健全性や効率性をチェックすることができます。これは、家計を企業に例えるなら、年間収支表は「損益計算書(P/L)」に当たると考えることができます。

ここでは、家計のフロー面のチェックポイントとして、「年間収支表」と「年収推移表」について簡単にまとめてみました。

年間収支表とは何か?

一般に年間収支表は、家計の損益計算書であり、1年間の収支を表示したものです。

・年間収支=年間収入-年間支出
-赤字の場合は要注意、貯蓄減 or 借金増
・計算期間は1月1日-12月31日
-所得税の計算期間に合わすと管理しやすい
・収支予想を作成
-実績値と比較すれば、さらに効果的
・作成資料
-給料明細表、源泉徴収票、通帳、家計簿、カード明細、領収書 他

年収推移表とは何か?

一般に年収推移表は、年収の推移を時系列に表示したものです。

税込年収(表面年収)と同時に可処分所得も把握
・将来の収入計画やキャリア計画と併せて検討
・作成資料
-源泉徴収票、確定申告書