家計のストック面をチェックする!

日常生活の中で「家計のストック面」のチェックは、家計の財政状況や資産状況を把握することが目的です。実際に家計管理において、家計の資産(金融資産、不動産、貴金属・・・)や負債(住宅ローン、教育ローン、キャッシング・・・)を見ることで、家計の健全性や安全性をチェックすることができます。これは、家計を企業に例えるなら、資産状況表は貸借対照表(B/S:バランスシート)に当たると考えることができます。

ここでは、家計のストック面のチェックポイントとして、「資産負債状況表」について簡単にまとめてみました。

資産負債状況表とは何か?

一般に資産負債状況表は、家計の貸借対照表で「財政状況(財務バランス)」を表示したものです。

・ネットの資産=資産-負債
・家計にALM(資産負債総合管理)を導入
・基準日は年末(12/31)、所得税の計算期間に合わすと管理しやすい
・評価は基準日付近の時価を活用

|資産の種類

財形、預貯金、投資信託、株式、債券、保険、自動車、不動産、貴金属・・・

|負債の種類

住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、キャッシング・・・

資産負債状況表のチェックポイントは?

一般に資産負債状況表は、以下のようなポイントをチェックするとよいでしょう。

・手元流動性がどれくらいあるかを把握
・資産と負債のネットを把握
-マイナスであれば問題あり(債務超過)
・金融資産と実物資産(不動産他)の構成比率を把握
・金融資産の資産構成を把握
-ポートフォリオの内訳(預金、投信、外貨、株式、債券 他)をチェック
・作成資料

-通帳、証書、財形残高、運用報告書、返済予定表
-保険証券、時価の分かる資料 他