債券の格付けは?

資産運用において、国債や社債、外債などの債券投資をする場合、債券の「発行体の信用力」に十分注意する必要があります。通常、発行体の信用力と言った場合、それは債券の元利金支払いの確実性を意味します。

一般に債券投資において、発行体の信用力を判断するには、格付け機関が評価した格付け情報などを参考にすることになります。ここでは、債券の格付けの基本事項について見てみましょう。

債券の格付けとは何か?

債券の格付けとは、発行体(国、地方公共団体、企業、国際機関・・・)の発行する個別の債券について、第三者の評価機関が約束通りに元本利子が支払われる確実性の度合いを一定の符号で表示したものをいいます。

債券の格付けの特色は?

債券の格付けには、通常、以下のような特色があります。

・利害関係のない第三者の格付け機関が評価する
-格付け機関によって評価や符号が異なる
-評価ポイント(収益力、企業規模、資産価値、財務体質、債券契約条項他)
・格付けは、発行体ではなく債券についてである
-同じ発行体の債券でも格付けが異なる場合もある
・格付けは、時間の経過と共に見直される
-発行体の信用力は時間の経過と共に変化する
・格付けは、発行体のファイナンスに大きな影響を与える
-高格付けであれば利回りは低く、低格付けであれば利回りは高くなる

債券の格付け機関は?

現在、日本で債券の格付け機関と言った場合、以下の5社が挙げられます。

・海外系の格付け機関
-Moody's、S&P、Fitch
・国内系の格付け機関
-格付投資情報センター、日本格付研究所

債券の格付け符号の例・・・S&Pの場合

債券の格付け符号は、格付け機関によって若干異なりますが、世界的大手のS&Pの場合は、以下のようになっています。

AAA 債務を履行する能力が極めて高い
AA 債務を履行する能力が非常に高い
A 上位2つに比べて、経済環境の悪化からより影響を受けやすい
BBB 債務履行能力は十分だが、上位格付けに比べて、経済環境の悪化の影響を受けやすい
BB 経済環境の悪化の場合に、債務履行能力が不十分になるリスクにさらされている
B BBの格付けよりも経済環境の悪化で、債務履行能力が不十分となる可能性が高い
CCC 債務不履行となる可能性を持ち、債務履行能力は財務経済状況に依存している
CC 債務不履行となる可能性が非常に高い
C 現在、破産法に基づく申請中だが、債務に基づく支払いは引き続き行われている
D 債務不履行に陥っている