積立保険の仕組みについて

積立保険は、「積立型保険」とも呼ばれ、損害保険会社(損保)が取扱う、長期的な「補償機能」と満期時に満期返戻金が支払われる「貯蓄機能」を併せ持った保険です。これは、傷害保険や火災保険自動車保険をベースにしたもので、補償機能だけでなく、貯蓄機能もあることから人気が高く、特に「積立傷害保険」は損保の主力商品の一つとなっています。ここでは、積立保険の基本的な仕組みについて見てみましょう。

積立保険の種類は?

積立保険は、傷害保険や火災保険、自動車保険がベースとなっており、その中でも「傷害保険」をベースにしたものが定番となっています。

|傷害保険がベース

普通・・・積立普通傷害保険、積立家族傷害保険
年金・・・年金払積立傷害保険、財形年金傷害保険
交通・・・積立交通傷害保険、積立ファミリー交通傷害保険
対象別・・・積立こども総合保険、積立女性保険・・・

|火災保険がベース

火災・・・長期総合保険

|自動車保険がベース

自動車・・・積立型自動車保険

積立保険の特徴は?

積立保険は、個人向けの損保商品の中で、以下のような特徴があります。

|保険料は2つに区分される

支払保険料=補償保険料+積立保険料

|満期返戻金がある

満期返戻金=積立保険料+運用益

|契約者配当金が付く場合がある

運用益が予定利率を上回った場合、配当金が付くこともある

|保険期間が長い

2年以上の長期の保険となっている

|保険料の払込方法が選択できる

一時払い、年払い、半年払い、月払い

|保険料自動振替貸付制度がある

保険料の払込方法が分割払い方式の場合、振替が行われない時は自動的に貸付を行い、契約を有効に存続させる(商品による)

|契約者貸付制度がある

保険契約者が一時的に資金を必要とした時は、一定の範囲内で資金の融資を受けることができる(商品による)