自動車保険の加入ポイントは?

自動車保険は、積立型を除けば、毎年更新があります。多くの方が、毎年更新の手続きをしている割には、その仕組みや補償内容について、案外よく知らないのではないでしょうか? また、家計において、自動車保険の保険料は一つの大きな負担となっていますが、毎年支払う保険料は本当に適切でしょうか?

昨今では、補償内容やサービス、保険料の仕組みをよく理解し、保険会社を比較することで、効果的に加入することができます。ここでは、自動車保険の加入時のポイントについて見てみましょう。

自動車保険の契約時に注意すること

自動車保険の契約時には、最低限、以下のようなことに注意しましょう。

・どのような事故が補償対象となるのか
・どういう場合に保険金が支払われないのか
保険金額は適切か(十分な賠償資力が確保されているか)
・事故を起こした時のサービスは充実しているか
・いつから保険が効くのか
・付帯サービスは充実しているか(無料ロードサービスなど)

自動車保険のノンフリート等級別料率制度

自動車保険の毎年の保険料は、前年(1年間)の事故の有無により、ノンフリート等級が変わり、割引や割増が決定します。

・初めての場合は、6等級からスタート
・1年間無事故であれば、1等級加わる
・事故があれば、事故1件につき3等級または1等級減じる

自動車保険は運転者の年齢条件を検討

自動車保険は、下記(一例)のように、運転者の「年齢条件」を設定することができます。通常、不担保にする年齢条件が高いほど、保険料が安くなります。

・年齢を問わず担保
・21歳未満不担保
・26歳未満不担保
・30歳未満不担保

自動車保険の保険料の割引制度

自動車保険では、保険会社によって少し異なりますが、以下のような割引制度が用意されています。

・ゴールド免許割引、運転者家族限定割引、使用目的割引
・長期優良契約割引、複数契約割引、年間走行距離割引
・安全装置等割引、エアバック割引、ABS装備車割引
・衝突安全ボディ割引、環境対策車割引
・早期割引、インターネット割引 他

自動車保険の契約時に必要な情報

自動車保険の契約時には、以下のような情報が必要になります。

・自動車の登録番号用途車種型式初度登録年月
・前契約における保険事故の有無
保険契約者の総付保台数 他

自動車保険の契約の流れ

自動車保険の契約(手続き)の流れは、以下のようになっています。

1.保険会社(代理店)を選択し連絡する
2.保険内容の説明を受ける(不明な点は質問する)
3.申込書に記入し捺印する(申込書控を受け取る)
4.保険料を支払う(保険料領収証を受け取る)
5.保険証券が届く(証券に誤りがないか確認する)

※昨今では、コールセンターやネットで契約できる会社もあり
※保険料支払方法は、現金払い、口座振替、クレジットカードなど
※申込書に記入しても保険料を支払わないと、事故の際に保険金は支払われず

自動車保険の契約後の注意点

自動車保険の契約内容に変更があった場合は、必ず保険会社に連絡して所定の用紙をもらい、それを記入して保険会社に返送する必要があります。

・自動車を入れ替えた
・住所が変わった
・自動車を他人に譲渡した・・・