医療保険の仕組みについて

医療保険は、病気やケガをした時の経済的負担を軽くすることを目的とした、保険会社(民間)の保険商品です。

通常、医療に対する公的保障としては、誰もが加入する「公的医療保険」がありますが、保障する対象範囲が限られており、またカバーされる範囲内の医療でも3割の自己負担額を支払う必要があります。さらに、公的医療保険の対象外の費用、例えば、差額ベッド代(大部屋以外のベッドなどにかかる費用)や先進医療など、実際に病気やケガで入院するとかなりの費用がかかります。

このような状況の中、公的医療保険の補完として、保険会社で医療保障を準備(確保)するには、「医療保険」という単独の保険商品に入る方法と、終身保険定期保険などの主契約に「医療特約」を付加する方法の2つがあり、一般的には単独の「医療保険」の方がより自由度の高い保障内容となっています。

医療保険とは何か?

医療保険とは、病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたりした時に給付金が受け取れる保険商品です。通常、満期時に満期保険金はなく、また死亡時に死亡保険金を受け取れる商品もありますが、その金額は少額となっています。

医療保険の加入目的は?

医療保険は、公的医療保険(国民健康保険、健康保険・・・)の補完や上乗せを目的として加入します。また、病気やケガによる収入減(休業期間中の収入保障)への備えには、所得補償保険があります。

・公的医療保険の自己負担額(3割)
・公的医療保険の対象外の費用

入院費用はどのくらいかかるか?

万が一、病気やケガで入院した場合、病院での不自由な生活だけでなく、経済的な負担も重くのしかかります。通常、入院費用は「1日(1-2万円)×入院日数」で見積もることができます。なお、2014年(平成26年)の厚生労働省の「患者調査」によると、平均在院日数は33.2日となっています。

|公的医療保険の自己負担額-高額療養費制度

・70歳未満:年収約1,160万円~
→ 252,600+(医療費-842,000)×1%
・70歳未満:年収約770~約1,160万円
→ 167,400+(医療費-558,000)×1%
・70歳未満:年収約370~約770万円
→ 80,100+(医療費-267,000)×1%
・70歳未満:~年収約370万円
→ 57,600
・70歳未満:住民税非課税者
→ 35,400

|健康保険の対象外の費用

差額ベッド代、先進医療の技術料、入院中の日用品、家族の交通費・・・

生命保険会社で医療保障を準備するには?

生命保険会社で医療保障を準備するには、「医療保険」または「医療特約」があります。

|医療保険で準備

医療保険は、主契約として、単体で準備することができます。

メリット ・きめ細かな保障内容
・保障期間が自由に選べる(終身タイプもあり)
・入院1日目から保障対象
デメリット ・死亡保障はほとんどない

|医療特約で準備

医療特約は、主契約に上乗せして準備することができます。

メリット ・主契約とセットで加入できるので合理的
・必要な特約を自由に組み合わせられる
デメリット ・特約のみの加入はできない
・主契約によって入院日額、保障期間などに上限がある
・通常5日目から保障対象(4日間は対象外が多い)