ダウ理論

ダウ理論(Dow Theory)は、19世紀後半に米国の金融ジャーナリストであったチャールズ・ダウ氏(Charles Dow:1851-1902)が考案したテクニカル分析の理論をいいます。

チャールズ・ダウ氏は、ニューヨーク証券取引所の取材の経験からテクニカル分析(チャート分析)の源流となる金融理論を提唱し、その先駆者の一人となり、また1882年にエドワード・ジョーンズ氏やチャールズ・バーグストレッサー氏と共に、後にウォールストリート・ジャーナルで有名となるダウ・ジョーンズを設立しました。

ここでは、チャート分析の基本となる「ダウ理論」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

ダウ理論の概要

ダウ理論は、チャールズ・ダウ氏がウォールストリート・ジャーナルに執筆した255本の論説を元に、ダウ氏の死後、ウィリアム・ピーター・ハミルトン、ロバート・レア、E・ジョージ・シェーファーの3人が市場での株式の値動きを評価するための理論としてまとめ、ダウ氏にちなんで名付けられたものです。

元々は、株式相場を対象としたものですが、今日では、外国為替相場や商品先物相場などでも広く用いられる「チャート分析の基本となる理論」となっており、以下の6つの基本法則から構成されています。

1.平均は全ての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認されなければならない
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

ダウ理論の概要

法則1:平均は全てを織り込む

ダウ理論の基本法則である「平均は全ての事象を織り込む」とは、市場価格はあらゆるファンダメンタルズの反映であり、需給に関するあらゆる事象(材料)は全て相場(市場価格)に織り込まれるというものです。

◎相場は入手可能な全ての情報を織り込んでいるとする「効率的市場仮説」に基づいた考えと言える。

◎相場を予測するには、相場の値動きだけを分析すれば良いことになり、すなわち、チャートが投資の最重要ツールであることに対する根拠となり、テクニカル分析の源流となった。

法則2:トレンドは3種類

ダウ理論の基本法則である「トレンドには3種類ある」とは、相場には短期・中期・長期の3つのトレンドがあるというものです。

・短期(小トレンド):3週間未満
・中期(二次トレンド):3週間~3カ月
・長期(主要トレンド):1年~数年

◎相場の値動きは「トレンド」によって支配されるゆえ、相場の分析においては、トレンドを最重視する。

◎これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、相互に関連している(中期は長期の調整局面、短期は中期の調整局面として捉える)。

法則3:主要トレンドは3段階

ダウ理論の基本法則である「主要トレンドは3段階からなる」とは、長期の主要トレンドは、買い手の動向によって3つの段階からなるというものです。元々は、長期を対象としたものですが、実際の活用面では、短期から長期までを対象に使われることが多いです。

◎第1段階の先行期は、少数の投資家が底値付近で仕込む(買う)時期で、値動きは緩やかである。

◎第2段階の追随期は、相場の上昇を見て、追随者が買いを入れる時期で、急激な価格変動が起こる(大きな上昇へと発展していく)。

◎第3段階の利食い期は、先行期に買いを入れた投資家が売り抜ける(利益を確定する)時期で、まだ上昇局面にあるものの、その上昇は弱まり、やがてトレンドは終焉する。

法則4:平均は相互に確認

ダウ理論の基本法則である「平均は相互に確認されなければならない」とは、信頼できる複数の平均的な指標で、相互に同じトレンドが確認できなければ、明らかなトレンドを捉えることができないというものです。

◎トレンドを確認するには、一つの指数で発生したシグナルが、他の指数で発生したシグナルと一致または対応する必要がある。

◎一つの指標だけではなく、複数の指標が同じ方向性を示すことで、トレンドに確信が持てる。

法則5:トレンドは出来高でも確認

ダウ理論の基本法則である「トレンドは出来高でも確認されなければならない」とは、トレンドの確認手段として、価格(終値)の変動だけでなく、出来高の推移も重視するというものです。

上昇トレンドでは出来高が増加し、下降トレンドでは出来高が減少することを示す。また、出来高を伴ったトレンドこそが強いトレンドである。

◎投資家は、長期の主要トレンドに従って取引することが多く、中期の二次トレンドや短期の小トレンドで取引することは少ないと考え、それが出来高の多少に反映すると考えた(昔とは異なり、今日では短期取引が主流)。

法則6:トレンドは転換シグナルまで継続

ダウ理論の基本法則である「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」とは、市場において、トレンドは明確な終わりのシグナルが発生するまで続くというものです。

◎今日でもテクニカル分析の基本中の基本とされ、投資家はトレンドの反転の可能性が確認されるまでは注意が必要である。

◎投資家は、トレンドに従った売買によって利益を得るのは容易なのに対して、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。