トレンド系分析とは何か?

トレンド系分析は、マーケット(市場)の全体的なトレンド(方向性)を見極めることを目的としたテクニカル分析をいいます。これは、相場のトレンドが上昇局面または下降局面というように、マーケットに一つのトレンドが現れている時に有効な分析手法となっています。

トレンド系分析の種類

トレンド系分析には、以下のような指標がよく利用されます。

・ローソク足
・移動平均線
・エンベロープ
・ボリンジャーバンド
・フィボナッチ・リトレースメント
・DMI(方向性指数)
・パラボリック
・一目均衡表
・陰陽足
・ポイント&フィギュア 他

トレンド系分析の活用

トレンド系分析は、「トレンド系指標」とも呼ばれ、マーケット(市場)の全体的な方向性(トレンド)を見極める時に活用されます。

<トレンド系分析で分かるもの>

・相場のトレンド
・相場の中長期の動向

トレンド系分析の例

一般にテクニカル分析には、マーケットの全体的な方向性を見極めることを目的とした「トレンド系分析」と、現在のトレンドの強さや過熱感など変化の大きさや兆しを察知することを目的とした「オシレーター系分析」の2つがあり、通常、トレンド系分析は中長期予測に、オシレーター系分析は短期予測に使われることが多いです。