トラベラーズチェック

トラベラーズチェックは、英語では「traveler's cheque(traveler's check)」と表記され、略して「T/C(TC)」とも呼ばれ、海外旅行などに持っていく旅行小切手のことをいいます。これは、かつては、日本において、American Express(アメリカン・エキスプレス)、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)の3つのブランドのものを購入できましたが、時代の変遷により、今日では販売されていません(2014年3月に最後まで残っていた「American Express」が販売終了)。

一般にトラベラーズチェックは、海外旅行の際に旅行者が多額の現金を持ち歩かずにすみ、現金の紛失や盗難のリスクに対処できるというメリットがありました。例えば、米国などにおいては、ホテルや空港、ショッピングセンターやレストランなど、観光客の多い場所では現金同様に使用できましたが、それ以外の国・地域では、銀行や両替所等で現地通貨に替えて使用しました。

なお、トラベラーズチェックは、販売されていた当時、銀行や郵便局、旅行代理店、トラベルセンター、宅配サービスなどで購入することができました。

トラベラーズチェックの主な特色

トラベラーズチェックは、かつて海外旅行の必須アイテムで、外貨現金とは異なり、以下のような特色がありました。

・世界中の主要な国・地域で使うことができた。
・有効期限がなく、いつまでも使うことができた。
・外貨建てT/Cは、現金より為替レートが有利であった。
・サイン一つで使えるため、現金を持ち歩くリスクを減らせた。
・万一、紛失や盗難などにあっても、再発行ができた。
・通常、購入の際に1%の発行手数料がかかった。

トラベラーズチェックの署名と使用

トラベラーズチェックには、所有者の署名欄(ホルダーズサイン)と使用時の署名欄(カウンターサイン)の2カ所の署名欄があり、購入後はすぐに全ての小切手にホルダーズサインに署名(サイン)をしなくてはなりませんでした。また、使用時には、相手の面前でカウンターサインにサインして、この2つのサインが一致することによって、小切手としての効力が生じました。

・使用前にホルダーズサインに必ずサインする。
・使用時にカウンターサインに面前でサインする。
・使用時にパスポート等の提示を求められることがある。
・サインは漢字でもローマ字でもOK(パスポートと一緒がいい)。

トラベラーズチェックの基本事項

トラベラーズチェックは、今日では過去のもの(終了)となっており、以下では、かつてあった金融サービスの記録として、アメリカン・エキスプレスのT/Cの基本事項を記してあります。

ブランド アメリカン・エキスプレス
取扱機関 銀行、郵便局、旅行代理店、クレジットカード会社 他
対象通貨 アメリカドル、カナダドル、オーストラリアドル、ユーロ、イギリスポンド、日本円
購入手数料 一般的に購入の際に1%の手数料がかかる
使い方 1.T/C購入後に、ホルダーズ(本人)サイン欄に全てサイン
2.使うときに、同じサインを受取人の目の前でサイン
※万一の場合、再発行手続をスムーズに行うために、発行の控えをトラベラーズチェックと別に保管して携行する