正しいお金の預け方は?

日常生活の中で、当面使わないお金は、銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク、証券会社などの金融機関に預けます。

一般にお金を預ける目的には、日常生活費の管理、住宅資金の準備、教育資金の準備、老後資金の準備など様々なものがあります。また、お金を預ける金融商品には、非常に多くの種類があり、どれを選んだらよいのか、時として迷うことがあります。

このようにお金を預ける際には、「金融機関の選択」や「金融商品の選択」などで迷うこともありますが、基本的なポイントとして考えるべきことは、実はそれほど多くありません。すなわち、お金を目的別に分けて、お金の目的にあった金融商品を選べばよいのです。

ここでは、「正しいお金の預け方のポイント」について見てみましょう。

ファーストステップ-お金を目的別に分ける

正しいお金の預け方のファーストステップは、自分や家族のライププランを考え、お金を目的別に3つ(流動性資金、確実性資金、利殖性資金)に分けることです。

・流動性資金
-日常生活費、イザという時のお金
・確実性資金
-将来使うことが決まっているお金(結婚、住宅、教育、老後・・・)
-使い途は決まっていないが、確実に運用したいお金
・利殖性資金
-使い途は決まっておらず、積極的に殖やしたいお金

セカンドステップ-適切な金融商品を選択する

正しいお金の預け方のセカンドステップは、目的別に分けたお金に対して、適切な金融商品(流動性商品、確実性商品、利殖性商品)を選択することです。

・流動性資金には流動性商品を選択
-普通預金、通常貯金
-貯蓄預金、通常貯蓄貯金、MRF、MMF・・・
・確実性資金には確実性商品を選択
-定期預金、定期貯金、定額貯金
-公社債投信、金銭信託
-個人向け国債、国債、地方債
-積立定期、定期積金、財形貯蓄・・・
・利殖性資金には利殖性商品を選択
-外貨預金、投資信託、株式、REIT、ETF、普通社債
-外国為替証拠金取引、CFD取引、先物・オプション取引、金・・・