普通預金と貯蓄預金の違い

現在、個人向けの預金商品には様々なものがありますが、日常的な預金取引において、「普通預金」や「貯蓄預金」を使っている方も多いのではないでしょうか? 商品面では、普通預金が、自由に預け入れや払い戻しができる預金口座であるのに対して、貯蓄預金は、残高が定められた金額以上あると、普通預金より金利が高くなることが多い預金口座となっています。

一般に普通預金と貯蓄預金は、キャッシュカードが発行され、お金の出し入れが自由という共通点がありますが、一方で機能面や金利面などは大きく異なっています。ここでは、個人にとって身近な預金商品である「普通預金」と「貯蓄預金」について、その概要や違いを簡単にまとめてみました。

普通預金について

普通預金とは、期間の定めがなく、いつでも自由に預け入れ払い戻し振り替えなどができる預金口座をいいます。これは、銀行取引の基本となる口座で、公共料金や家賃などの自動引落し、給与や年金などの自動受け取りといった機能が利用できます。また、個人の場合、「総合口座」にセットすることが多いです。

なお、普通預金には、預金保険制度により全額保護される「無利息型普通預金」もあり、(1)無利息、(2)要求払い(随時払い戻しができること)、(3)決済サービス(口座振替等)が提供可能なこと、といった3要件を満たす決済用預金となっています。

<普通預金の主な特徴>

・個人や企業などが利用する基本となる預金口座
・元本保証がある
・利息は付く(金利は変動金利)
・預け入れは1円以上1円単位で満期はない
・お金の出し入れは自由
・自動支払いや自動受け取りの機能がある
・貯蓄預金や定期預金に比べて金利が低く設定されている
・預金保険の対象である

貯蓄預金について

貯蓄預金とは、残高が定められた金額以上あると、普通預金より金利が高くなることが多い預金口座をいいます。これは、預入残高に応じて金利が変わる「金額階層別金利型」と、預入残高が一定額以上ある場合に普通預金より高い金利がつく「金額別金利型」といった種類があり、またお金の出し入れは自由ですが、自動支払いや自動受け取りといったサービスは利用できません。

なお、金融機関によっては、普通預金と共に、貯蓄預金を総合口座にセットできるところもあります。

<貯蓄預金の主な特徴>

・個人が利用できる預金口座
・元本保証がある
・利息は付く(金利は変動金利)
・預け入れは1円以上1円単位で満期はない
・残高が金融機関が定めた額より少ない場合、金利は普通預金と同じ利率が適用されることが多い
・お金の出し入れは自由であるが、自動支払いや自動受け取りの機能はない
・預金保険の対象である

普通預金と貯蓄預金の違いについて

普通預金と貯蓄預金は、日常生活の中で、どちらもお金の出し入れを自由にできる預金口座ですが、一方で機能面や金利面などで以下のような違いがあります。

◎普通預金は、個人と法人の両方が利用できるのに対して、貯蓄預金は、個人しか利用できない。

◎普通預金は、どこの金融機関も半年毎の利払いとなっているのに対して、貯蓄預金は、金融機関によって毎月払いのところと半年払いのところがある。また、貯蓄預金は、残高が定められた金額以上あると、普通預金より金利が高くなることが多い。

◎普通預金は、自動支払いや自動受け取りの機能があるのに対して、貯蓄預金は、自動支払いや自動受け取りの機能がない。