貯蓄型商品の利率はどう決まる?

資産運用において、預貯金などの貯蓄型商品を利用する場合、「利率(金利)」をチェックします。この利率については、金融機関が勝手に決めるのではなく、「市場金利」という一つの基準をもとに決定されます。

一般に短期(1年以内)の商品であれば、短期金融市場の金利が反映され、また長期(1年超)の商品であれば、長期金融市場の金利が反映されます。これより、実際に貯蓄型商品に預け入れる時には、今後、金利がどう動くのかを大局的な視点で捉えることが必要です。

ここでは、貯蓄型商品の利率決定の仕組みについて見てみましょう。

金利・利率とは何か?

一見、金利利率は似たような感じもしますが、以下のような違いがあります。

・金利とは
-お金の賃借料(お金を貸し借りするにあたって決められる価格)
・利率とは
-支払われる利息を元本に対し年率で示したもの

貯蓄型商品の利率決定の基準は?

貯蓄型商品の利率は、市場金利を参考に、金融機関のコストを勘案して決定されます。

・短期の商品(1年以内)
-コールレート、CDレート、レポレート、LIBOR、TIBOR・・・
・長期の商品(1年超)
-国債レート、スワップレート・・・

貯蓄型商品の利率決定の仕組みは?

貯蓄型商品の利率は、商品によって、その決定の仕組みが異なります。

・銀行の定期預金(原則毎週月曜日)
-市場金利や銀行の調達コストを勘案
・ゆうちょ銀行の定額貯金(原則第1・第3月曜日)、定期貯金(原則毎週月曜日)
-市場金利やコストを勘案
・投信会社の公社債投信(毎月20日)
-市場金利やコストを勘案