休眠口座の取り扱いに注意!

休眠口座とは、「休眠預金」や「睡眠口座」とも呼ばれ、長い間、出し入れのない(何の動きもない)預金口座をいいます。これは、銀行や信託、信金、信組、労金、JAバンクなどで使われる概念で、対象となる期間については金融機関によって異なり、現在、10年程度としているところが多く、最終的に残された預金は金融機関の収益として会計処理されます。

その法的根拠については、銀行の預金では商法上5年、信用金庫などは民法上10年取引がないと預金者は権利を失うとされていることですが、実務上においては、金融機関は休眠口座でも、預金者の請求があれば、窓口で払い戻しに応じています。また、金融機関によっては、本預金について、管理コストがかかることから、管理手数料を徴収するところもあります。

一般に休眠口座は、意外と多くの人が持っている可能性があり、自分の財産管理において、そうならないように注意する必要があります。ずっと忘れていて、いつの間にか自分の財産でなくなっていたのでは後で納得できませんので、思い当たる場合は、今一度よく確認するようにしましょう。

休眠口座の具体例について

通常、休眠口座は、何らかの理由により、長い間使わなくなった預金口座で、残高が少なく、キャッシュカードで引き出せない1000円未満のものが特に多いそうです。

ATMCDで引き出せない残高が1000円未満の使わなくなった預金口座(合併や支店の統廃合で使わなくなったケースもよくある)
・学生時代や結婚前に使っていたが、その後、利用しなくなった預金口座(親が子供名義で作っていた口座や義理で頼まれて作った口座も注意)
通帳や印鑑、キャッシュカードのいずれかを紛失し、手続きが面倒でずっと放置していた預金口座
・本人が既に亡くなっている預金口座(相続でも未発見)

休眠口座の規定例について

現在、休眠口座の規定については、金融機関の預金規定(約款)などに記載されていますが、「休眠口座」という用語が特に使われていないため、どこに書いてあるのかよく分からない場合が多いです。また、書いてあっても曖昧な表現でよく分からないことも多いので、具体的な内容については、金融機関の窓口で直接聞くのが一番確かだと思います。

「この預金が、当行が別途表示する一定の期間預金者による利用がなく、かつ残高が一定の金額を超えることがない場合には、当行はこの預金取引を停止し、または預金者に通知することによりこの預金口座を解約することができるものとします。また、法令にもとづく場合にも同様にできるものとします。」(某メガバンク)