ローンの仕組みを知ってますか?

長い人生の中で、住宅や自動車などを購入したり、子供の教育費や老後の生活費を用意したりする場合に、ローンを組むことがあります。また、日常生活の中で、一時的な資金繰りのために、キャッシングを活用することもあります。

一般にローンは、金額的にも大きく、利息の支払もあり、また返済期間も長いため、将来のライフプランやマネープランに大きな影響を及ぼします。そのため、ローンを利用する際には、その内容を十分に理解しておくことが必要です。ここでは、ローンの基本的な仕組みについて簡単にまとめてみました。

ローンの借入について

ローンの借入においては、ローンの種類や3大要素、金利の種類、返済方式、担保・保証、諸費用、審査項目などについて理解しておくといいでしょう。

・ローンの種類
-住宅ローン
-教育ローン、自動車ローン、目的別ローン
-リバースモーゲージ
-カードローン、キャッシング・・・
・ローンの3大要素
-借入金額、適用金利、返済期間
・金利の種類
-固定金利、変動金利、固定金利選択・・・
・返済方式
-元利均等、元金均等、リボルビング払い・・・
・担保・保証
-要/不要
-担保(土地・建物が定番)
-保証(連帯保証人、保証会社)
・諸費用
-ローン手数料、保証料、印紙代、団信保険料、抵当権設定費・・・
・審査項目
-資金使途、返済原資(収入)、返済能力
-返済計画、過去の信用照会(借入状況、延滞の有無 他)
-担保価値(保全)、取引状況・・・

ローンの見直しについて

ローンの見直しと言った場合、家計の財務バランスの改善手法として、「借り換え」と「繰上返済」が定番となっています。通常、借り換えについては、住宅ローンが対象で、また繰上返済については、住宅ローンや教育ローンなどが対象です。なお、カードローンやキャッシングでは、随時返済で、残高を適宜減らすことができます。

<住宅ローンの見直しポイント>

・借り換えによる返済額の軽減
-金利、残存期間、借入残高、返済額、担保価値、諸費用・・・
・繰上返済による返済期間短縮 or 返済額軽減
-金利、残存期間、借入残高、家計の支払余力、利息削減・・・

SMBCモビット