住宅ローンの返済計画の立て方は?

家計において、住宅ローンは、長期間にわたって返済するものです。通常、その年間返済額は、可処分所得に占める割合が非常に大きいので、借りた後で返済面で悩まないためにも、借り入れの前にしっかりと返済計画を検討することが大切です。ここでは、住宅ローンの返済計画のポイントについて、簡単にまとめてみました。

住宅ローンの基本事項の確認

一般に住宅ローンの返済計画を立てるにあたっては、ライフプラン面、キャッシュフロー面、バランスシート面をよく検討することが必要です。

|家族のライフプラン面のチェック

・自分や家族のライフイベントは?
・自分や家族のライフスタイルは?
・将来のリタイアメント(退職後の生活)は?

|家計のキャッシュフロー面のチェック

・現在の家計収支は?
・ローン借入後の家計収支は?
・将来の収入状況(予測)は?
・将来の大きな支出(教育費など)は?

|家計のバランスシートのチェック

・現在の資産と負債の状況は?
・借入後の資産と負債の状況は?

住宅ローンの借入事項の確認

一般に住宅ローンの返済計画を立てるにあたっては、金利返済期間返済額、返済方法などの借入事項をよく検討することが必要です。

|ローンと金利のチェック

○どのようなローンを借りるか?

フラット35(民間と住宅金融支援機構が提携)
・民間住宅ローン(銀行、信金、信組、労金、農協・・・)
財形住宅融資、自治体融資 他

○ローンの金利はどれを選択するか?

・金利期間と金利水準
・金利タイプ(全期間固定金利、一定期間固定金利、変動金利)

|返済期間のチェック

○完済時期はどう考える?

・退職する前に、ローンを完済することが望ましい

○返済期間と総返済額のバランスは?

・返済期間が長期:月々の返済額が少ない反面、総返済額は大きくなる
・返済期間が短期:月々の返済額が多い反面、総返済額は小さくなる

|返済額(余力)のチェック

○現在の家賃などをベースに、いくらまでなら返せるか?

・現在の家賃+住宅購入の貯蓄=毎月の住居費
・社宅に住んでいる人は毎月の住居費が少ないので注意

○家計支出の中での返済比率は?

・一般的には、20%~30%が望ましい

|返済方法のチェック

元利均等返済か、元金均等返済か?

・元利均等返済の方が総返済額が大きい・・・こちらの選択が一般的
・元金均等返済の方が総返済額は小さいが、最初の負担は大きい

ボーナス返済の割合は?

・過度にボーナスに頼らない方がよい(ボーナスが出ない場合も考慮)
・ボーナス返済に依存せず、繰り上げ返済をうまく活用すると効果的

○退職金での返済は?

・老後生活に影響が出るので、過度に退職金に頼らない方がよい