住宅ローンの契約書の基本事項は?

マイホームの取得にあたって、住宅ローンを借りる時、いくつか契約を結びます。その契約の種類には、金銭消費貸借や抵当権設定、保証委託、団信など複数あり、後になってトラブルにならないためにも、予め契約内容をよく理解しておくことが必要です。また、もし分からないことがある場合は、金融機関の担当者に分かるまで説明してもらうようにしましょう。ここでは、住宅ローンの契約書の基本事項について、簡単にまとめてみました。

住宅ローンの契約書の種類について

一般に住宅ローンの契約に際しては、以下のような書類を金融機関に提出することになります。

|金銭消費貸借契約書

住宅ローンの契約に関する一番重要な借り入れの契約書です。
(マイホーム代金の融資、借り換え資金の融資・・・)

|抵当権設定契約書

抵当権(担保)設定に関する契約書です。
(返済不能時に抵当権を実行し、ローン債権を回収

|保証会社の保証委託契約書

保証会社が債務保証を行うための保証委託の契約書です。
(返済不能時に保証会社が金融機関に返済する。ただし、債務は保証会社に移るだけで、債務自体はしっかりと残ることに注意)

|団体信用生命保険の申込書

借主の死亡時に保険金が支払われる団体信用生命保険の契約書です。
(借主が死亡した場合、保険金でローン完済される)

※上記以外に、「火災保険の質権設定契約書」も提出することが多いです。

金銭消費貸借契約書のチェックポイントについて

一般に住宅ローンにおいて、金銭消費貸借契約書は非常に重要なものなので、必ず目を通し、その内容について十分に理解するようにしましょう。

借入内容の
チェック
借主
連帯保証人
借入金額
最終返済日
金利
使途
元金ならびに利息の支払方法
支払指定口座
(印紙)
借入規約の
チェック
繰り上げ返済
延滞時の損害金
金利(利率)の変更
担保
期限前の全額返済事由
相殺
債務の返済にあてる順序・・・