長期固定金利型住宅ローンとは?

長期固定金利型住宅ローンは、「全期間固定金利型住宅ローン」や「全期間金利固定型住宅ローン」、「全期間固定型住宅ローン」とも呼ばれ、金利が借入日から最終返済日まで変わらず、ずっと同じ固定金利が適用される住宅ローンをいいます。これは、全期間固定金利の住宅ローンであり、その期間には、15年や20年、25年、30年、35年などがあり、金融機関によってそれぞれ異なります。また、代表的な商品の一つに、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する「フラット35」があり、最長35年の長期固定金利、保証料0円、繰上返済手数料0円などの特徴があります。

一般に長期固定金利型住宅ローンは、借入時に返済終了までの金利や返済額が確定するため、長期間にわたるマネープランが立てやすく、特に超低金利時に利用すると「低金利」のメリットをずっと享受することができます。ただし、借入時の金利では、変動金利型や固定金利選択型と比べると一番高いため、長期的なマネープランの視点から、借入時の金利環境を見極めて、その金利に納得できるかが大きなポイントになります。

なお、30年以上の長期固定金利型については、「超長期固定金利型」と呼ぶところもあります。