住宅ローンの繰り上げ返済は?

住宅ローンは、家計において、完済するまでの長期間で見ると、非常に多くの利息を支払います。特に借入当初は元金があまり減らず、利息ばかりを支払っている状況が続きます。そういった中で、支払利息を節約するのに役立つのが「繰り上げ返済」です。

一般に繰り上げ返済とは、ローンの一部をまとめて返済することで、将来支払うはずの利息の一部を支払わなくてもすむ(利息の節約ができる)というものです。ここでは、住宅ローンの繰り上げ返済の基本事項について、簡単にまとめてみました。

住宅ローンの繰り上げ返済のポイント

住宅ローンの繰り上げ返済を行うにあたっては、以下のようなことに注意しましょう。

・利息部分の支払いが多い早い時期から行う
金利の高いローンから行う
返済期間の長いローンから行う
・借入残高の多いローンから行う
・余裕資金の範囲内で行う(決して無理はしない)

住宅ローンの繰り上げ返済の種類

住宅ローンの繰り上げ返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2つがあります。

|期間短縮型

返済額はこれまでと同じで、返済期間を短縮する方法です。同じ額を繰り上げ返済する場合、時期が早いほど利息軽減効果が大きくなります。

|返済額軽減型

返済期間はそのままで、毎月の返済額を減らす方法です。毎月の返済額を減らしたい時に活用します。

住宅ローンの繰り上げ返済の手続き

住宅ローンの繰り上げ返済は、通常、以下のような手続きで行うことになります。また、昨今では、ネットや電話からの申込みで、繰り上げ返済ができる金融機関も増えています。

|1.借り入れ先の金融機関に申し込む

事前に電話で内容を確認し、印鑑や引き落とし用通帳(現金)などを持参します。(インターネットや電話で申し込める金融機関もあり)

|2.所定の金額を入金する

所定の用紙に必要事項を記入し、現金あるいは口座引き落としで返済する。(一定残高以上あると、自動的に繰り上げ返済が可能な金融機関もあり)

|3.新しい返済予定表の受け取り

後日、金融機関から新しい返済予定表が郵送される。また、保証料の一部が戻る場合もある。