住宅ローンの組み方は?

家計において、住宅(マイホーム)は、一生の中で一番大きな買い物です。マイホームの購入にあたっては、多くの場合、自己資金の他に「住宅ローン」を活用することになりますが、その返済は長期間にわたって続くため、ローンの組み方によって「総返済額=元金+支払利息」に大きな差が出てきます。

昨今では、住宅ローンは、フラット35や民間ローンの充実により、非常に多様化しており、自分に合った最適なローンを選択することが大切です。ここでは、住宅ローンの組み方について、基本事項を簡単にまとめてみました。

住宅ローンを組む際のポイントについて

一般に住宅ローンを組む際には、以下のようなことをチェックしましょう。

・将来のライフプランをもとに、ローンの全体像を考える
(資金収支や貯蓄額、子供の教育費などに注意)
・借りられる額ではなく、返済できる額をもとに借入額を決定する
金利や返済方法など自分にとって最適なローンを選択する
・毎月返済とボーナス返済のバランスに注意する
・異なる金利タイプを組み合わせられる「ミックスローン」は一つの選択肢

住宅ローンの分類について

一般に住宅ローンには、「公的住宅融資」と「民間住宅融資」の二つがあります。

|公的住宅融資

フラット35(民間と住宅金融支援機構が提携)、財形住宅融資、自治体融資

|民間住宅融資

住宅ローン(銀行、信金、信組、労金、JA・・・)、提携ローン

住宅ローンの金利タイプについて

一般に住宅ローンには、以下のような金利タイプがあります。

|固定金利型ローン

全期間、固定金利が続くローンです。(フラット35、民間ローン)

|変動金利型ローン

市場金利の変動によって適用金利が見直されるローンです。(民間ローン:半年毎など、財形住宅融資:5年毎)

|固定金利選択型ローン

一定期間(1、3、5、7、10年など)は契約時の金利が適用され、一定期間経過後は金利タイプ(固定金利、変動金利)が新たに選択可能なローンです。(民間ローン)