キャッシングとカードローンの違いは?

日常生活の中で、急なイベントや高額な出費などで、現金(お金)が必要になった時に、いつでも使える「借入枠」を用意しておくことは役に立つかと思います。

家計において、借入依存はよくありませんが、何らかの事情でお金が足りないという事態を避けるためにも、また無理に預貯金を取り崩さずに資金繰りをうまく行うためにも、時として「借り入れ」を行うことは一つの選択肢になります。

一般に身近な借入枠と言った場合、「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」の二つがあり、いずれも資金使途が自由になっています。ここでは、この二つの特色や違いについて、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

キャッシングについて

キャッシングは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、ATMやCDからお金を借りることができるサービスをいいます。

カード会社がクレジットカードの付帯サービスとして提供するもので、通常、借入枠は数万円から数十万円と少なく、返済方法は「翌月一括払い」や「残高スライドリボルビング払い」で、また金利は高めであることが多いです。

なお、キャッシングは、広義には、「現金の借り入れ」をすることをいいます。

<キャッシングの主なポイント>

・保有するクレジットカードにキャッシング機能が付帯されていれば、追加の申込や審査が不要で、すぐに借入ができる。
・借入の際には、キャッシング枠を把握すると共に、返済方法や金利も注意する(返済は口座引落)。
・複数枚のカードを持っている場合、一括払いで金利が一番低いカードのキャッシングを使うのがよい。
・海外でもキャッシングが可能な場合が多く、旅先で余分な現金を持たずに現地通貨を引き出すことができる。

カードローンについて

カードローンは、銀行やカード会社、消費者金融会社などが発行する専用カードを使ってATMやCDでお金を借りる、または指定した金融機関の口座振込でお金を借りることができるサービスをいいます。

顧客毎に審査で決められた限度額(数十万円~数百万円)の範囲内で、何度でも借入と返済を自由に繰り返し行うことができるもので、返済方法は「残高スライドリボルビング払い」か「毎月の分割払い」が多く、また金利はキャッシングに比べて低いのが一般的です。

※残高スライドリボルビング方式:借入額に応じて毎月決まった返済額をATMから入金したり、口座引落などで返済する方式。

<カードローンの主なポイント>

・資金使途が自由なローン専用カードで、申込時に厳格な審査がある。
・借入限度額が大きく、必要な時に必要な金額だけ利用することができる。
・利用限度額の範囲内で、ATMやCDから借入ができるほか、預金口座への振込による借入もできる。
・入会金や年会費が無料なので、急な出費に備える「借入枠」としても利用できる(使わない場合はコストがかからず)。
・ATMなどで随時返済もできる。

キャッシングとカードローンの違いについて

「キャッシング」と「カードローン」は、いずれも使途目的に縛られずにお金を借りられるものですが、この二つには以下のような違いがあります。

◎キャッシングがクレジットカードの付帯サービスなのに対して、カードローンは借入専用のサービスであり、機能面(借入方法・返済方法・コスト等)で充実している。

◎キャッシングの借入枠が数万円から数十万円なのに対して、カードローンの借入枠は数十万円から数百万円であり、カードローンの方が多く借りられる。

◎カードローンは、国内でしかお金を引き出せないのに対して、クレジットカードのキャッシングは、国内だけでなく、海外でもお金(現地通貨)を引き出せる。

◎カードローンは、キャッシングに比べて、金利が低めに設定されており、特に長めの借入を希望される場合は、支払時の負担が軽減される。

◎キャッシングの返済方法は、借入を行った翌月に1回払いで支払う「一括返済」が一般的なのに対して、カードローンの返済方法は「残高スライドリボルビング方式」が一般的である。

※キャッシングもカードローンも、返済方法は提供会社によって異なるので、予めよく確認を。

SMBCモビット