お金の活用はやはり大事!

日常生活の中で、お金の活用を考えた場合、その機能面から「購買」「貯蓄」「利殖」「保障」の4つの視点があります。私たちは、日々の暮らしにおいて、この4つの機能を合理的かつ効果的に使いこなすことが大切ではないでしょうか?

ここでは、お金の活用について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

お金の活用:購買について

購買について考えた場合、いかに安く上手に買うかという「購買効果の最大化」がポイントになるのではないでしょうか?

・同一商品で最も安いと思われるものを買う
・多少高くても費用対効果の高いものを買う
・納得感や満足感の高いものを買う
・量販店やディスカウント店などでお買い得品を買う
・会員特典やポイントプログラム、クーポンなどを活用して買う

お金の活用:貯蓄について

貯蓄について考えた場合、いかに効率よく安全に貯めるかという「貯蓄の効率化」がポイントになるのではないでしょうか?

・給与天引や自動積立で手間をかけずに貯める
・安全性の観点から信用力のある金融機関を選択する
・財形貯蓄や確定拠出年金などの公的制度を活用する

お金の活用:利殖について

利殖について考えた場合、いかにリスクを抑え、リターンを上げるかという「運用効果の最大化」がポイントになるのではないでしょうか?

・資金の性格を把握し、運用方針を立てる
・ポートフォリオ運用(分散投資)を心がける
・時間を味方にした中長期投資を心がける
・運用のリスクヘッジも行う(為替ヘッジ、逆ポジションなど)

お金の活用:保障について

保障について考えた場合、いかに生活上のリスクを把握し、対処するかという「保障の効率化」がポイントになるのではないでしょうか?

・ライフプランを立て必要保障額を把握する
・リスクをカバーする適切な生命保険や損害保険を活用する
・時間の経過の中で、適宜、保障内容の見直しを行う