普通預金と当座預金の違いは?

ビジネスシーンにおいて、お金のやりとりをする場合、「普通預金」か「当座預金」が使われます。

個人の方の場合、一部の個人事業主の方を除き、当座預金を開設することはありませんが、日常生活において、法人の振込先などで、当座預金という名称を目にすることもあるのではないでしょうか?

一般に普通預金と当座預金は、どちらも入金や出金、決済などで日常的に使われますが、その仕組みは大きく異なります。特に当座預金については、商取引の決済でよく使われるので、ビジネスの基本知識として知っておくとよいでしょう。

ここでは、「普通預金」と「当座預金」の違いについて、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

普通預金について

普通預金とは、期間の定めがなく、いつでも自由に預け入れや払い戻し、振り替えなどができる預金口座をいいます。これは、銀行取引の基本となる口座で、公共料金やクレジットカードなどの自動引落し、給与や年金などの自動受け取りといった機能が利用できます。

なお、個人においては、普通預金の単体ではなく、「総合口座」にした場合、定期預金や公共債を担保に自動融資を受けることができます。

普通預金の種類

普通預金には、預金保険制度により全額保護される「無利息型普通預金」もあり、(1)無利息、(2)要求払い(随時払い戻しができること)、(3)決済サービス(口座振替等)が提供可能なこと、といった3要件を満たす「決済用預金」となっています。

・通常の普通預金:預金保険制度でペイオフの対象
・無利息型普通預金:預金保険制度で全額保護

普通預金の主な特徴

普通預金の主な特徴として、以下が挙げられます。

・個人や企業などが利用する基本となる預金口座
・元本保証がある
・利息は付く(金利は変動金利)
・預け入れは1円以上1円単位で満期はない
・お金の出し入れは自由
・自動支払いや自動受け取りの機能がある
・貯蓄預金や定期預金に比べて金利が低く設定されている
・預金保険の対象である

当座預金について

当座預金とは、企業や個人事業主が利用する、手形や小切手の支払いに使われる預金口座をいいます。これは、決済用預金の一つで、法律(臨時金利調整法)により利息を付けることが禁止されていますが、一方で金融機関が破綻しても、預金保険制度によって全額保護される仕組みになっています。

手形
約束手形と為替手形の総称で、一定の金額の支払いを目的とした有価証券。

小切手
一定の金額を支払うことを金融機関に委託する有価証券。

当座預金の開設

当座預金を開設するにあたっては、手形や小切手を振り出す口座であるため、所定の審査があります。また、融資審査を経て、一般当座貸越の「当座貸越契約」を結んでおけば、当座貸越(一定限度までの融資)を受けることができます。

<一般当座貸越について>

取引先(顧客)が当座預金の残高を越えて振り出した小切手や手形の決済不足資金を、金融機関が一定の貸越極度額まで立替払いを行う融資形態。

当座預金の主な特徴

当座預金の主な特徴として、以下が挙げられます。

・企業や個人事業主が業務上の支払いに利用する預金口座
・現金の代わりに支払われた手形や小切手の決済をするために利用
・元本保証がある
・利息は付かない
・預け入れは1円以上1円単位で満期はない
・公共料金等の自動支払いや株式配当金等の自動受け取りといった機能がある
・不渡りを出すと大変なことになる
・預金保険の対象である(全額保護)

普通預金と当座預金の違いについて

昨今では、決済面で振込が多くなっており、またネットバンキングの利用で普通預金の利便性が高まっていますが、一方で当座預金ならではの利便性もあり、多くの企業では用途により口座を使い分けています。以下では、「普通預金」と「当座預金」の違いについてまとめてみました。

口座開設の違い

普通預金は、基本的に誰でも開設できるのに対して、当座預金は、所定の審査があり、信用がないと開設できない。

入金と出金の違い

普通預金は、ATMを利用して入金や出金ができるのに対して、当座預金は、ATMを利用して入金や出金ができない。当座預金の場合、出金(引き出し)は小切手や手形、口座振替によって行われ、また入金の際には当座預金入金帳が必要となる。

通帳の違い

普通預金は、無通帳型を除き、通帳が発行されるのに対して、当座預金は、通帳がなく、その代わりに当座勘定照合表が郵送される。なお、昨今では、インターネットを利用してリアルタイムで当座預金の取引状況を確認できる金融機関が多い。

利息の違い

普通預金は、利息が付くのに対して、当座預金は、利息が付かない。なお、決済用預金である「無利息型普通預金」は、利息が付かない。

引出限度額の違い

普通預金は、1日に引き出せる金額の上限(引出限度額)が定められているのに対して、当座預金は、引出限度額の定めがなく、大きな金額を動かす必要のある商取引に適している。

預金保険の違い

金融機関の破綻の際に、普通預金はペイオフが適用され、一つの金融機関あたり1,000万円までしか保護されないのに対して、当座預金は決済用預金に該当し、全額が保護される。なお、無利息型普通預金は、同じく決済用預金に該当し、全額が保護される。

出金コストの違い

普通預金は、ATM手数料などがかかるのに対して、当座預金は、統一小切手用紙や統一手形用紙などの手数料がかかる。

融資機能の違い

普通預金は、個人の場合、総合口座にして、定期預金等をセットすると自動融資が受けられるのに対して、当座預金は、当座貸越契約を締結すると、当座貸越(融資)を受けられる。