株式の価値は?

株式投資において、株式の価値とは「株価」であり、その見極めが大きなポイントになります。通常、株価は、株式市場において、収益的価値と資産的価値から評価されたものであり、また上場企業の価値は、「時価総額(=発行済株式数×株価)」で評価されることになります。

・株式の価値=株価=株式市場での市場評価
・企業の価値=時価総額=発行済株式数×株価

ここでは、株式の価値について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

株式の価値の認識について

株式を買う時、その価値(株価)が高いのか・安いのかについて、まずは考えます。もし株価が現時点で割安であると判断すれば、将来値上がりすると期待し、買いたいと思います。逆に、もし株価が現時点で割高であると判断すれば、将来値下がりすると思い、買うのを手控えます。

このように、「株式の価値(株価)」は、株式投資をする上で、非常に重要なポイントになりますが、一方で将来の株価は理論的にある程度計算できても、その予測をどうするかによって大きく変わってきます。それは、最終的な判断(予測)が、各投資家の主観によって大きく異なるからです。

株式の収益的価値について

株式の収益的価値は、配当率や配当性向、PER、EPS、ROEなど、様々な指標から判断することができます。

|現在の配当状況

株式投資において、現在の配当状況を見る指標として、以下が挙げられます。

|株主資本配当率|
「DOE」とも呼ばれ、年間の配当総額を株主資本で割った指標で、インカムゲインの収益性を見る。

配当性向
当期純利益に占める年間の配当金の割合を示した指標で、企業の利益処分の考え方を見る。

|将来の企業業績

株式投資において、将来の企業業績を見る指標として、以下が挙げられます。

PER
「株価収益率」とも呼ばれ、株価を1株当たり利益で割った指標で、企業の利益水準に対して割高か割安かを見る。

EPS
「一株当たり利益」とも呼ばれ、当期純利益を発行済株式数で割った指標で、企業の収益力(利益の成長性)を見る。

ROE
「自己資本利益率」とも呼ばれ、企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合を示した指標で、企業の経営効率を見る。

株式の資産的価値について

株式の資産的価値は、貸借対照表や事業内容などをチェックするのが基本となり、主な指標として、PBRやBPSなどがあります。

PBR
「株価純資産倍率」とも呼ばれ、株価を1株当たり純資産で割った指標で、資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを見る。

BPS
「一株当たり純資産」とも呼ばれ、純資産を発行済株式数で割った指標で、企業の安定性を見る。

|有形資産の価値

・金融資産、売掛債権
・商品、製品(ロングセラー、ラインナップ)
・機械設備、土地、建物(含み損益)
・有価証券(含み損益)・・・

|無形資産の価値

・ブランド力、企業イメージ
・販売網(顧客リスト、営業ネットワーク)
・事業ノウハウ、マネジメント力
・研究開発力(特許、技術力)・・・