株式投資のスタイルは?

資産運用において、株式投資を行う場合、基本的にスタイル(やり方)は全て自由です。

これには、短期間で売買を繰り返すスタイルもあれば、中長期でじっくりと投資するスタイルもあり、また順張り型もあれば、逆張り型もあります。このように株式投資は全て自分次第であり、やっていく中で少しずつ自分のスタイルが確立されていきます。

ここでは、株式投資のスタイル(やり方)について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

株式投資のスタイル:投資期間による分類

株式投資では、投資期間によって、「短期売買」、「中期投資」、「長期投資」の3つがあります。

|短期売買

短期間で利鞘を稼ぎ、それを繰り返すスタイルで、当日に取引が完結するものは「日計り商い(デイトレード)」。実際の取引にあたっては、自分の売買基準が必要。

|中期投資

数週間から1年程度など、長期保有はしないで、ある程度利益が出たら売るスタイル。実際の取引にあたっては、タイミングがカギとなる。

|長期投資

数年間、長期保有でじっくりと投資するスタイル。実際の取引にあたっては、成長性や割安性を判断する銘柄分析がカギとなる。

株式投資のスタイル:相場観による分類

株式投資では、相場観によって、「順張り型」と「逆張り型」の2つがあります。

|順張り型投資

相場の活況期に、上昇トレンドに乗って、値上がり益を期待して投資するスタイル。

|逆張り型投資

相場の低迷期や調整期に、いずれ上がることを期待して投資するスタイル。

株式投資のスタイル:リスクテイクによる分類

株式投資では、リスクテイクによって、「現物取引」と「信用取引」の2つがあります。

現物取引

株式等振替制度により、受渡日に顧客(投資家)と証券会社の間で、現物と金銭の受渡しが口座内で電子的に行われる取引。自己資金の範囲内で取引し、「安く買って、高く売る」が基本。

信用取引

顧客(投資家)が委託保証金を証券会社に担保として差し入れ、買付代金または売付証券(株式等)を借りて売買を行い、所定の期限内に反対売買または現引き・現渡しの方法によって決済する取引。少ない資金で大きな取引が可能で、ハイリスク・ハイリターン。

信用買い:安く買って、高く売って決済
信用売り:高く売って、安く買って決済

株式投資のスタイル:取引形態による分類

株式投資では、取引形態によって、「インターネット取引」と「コールセンター取引」と「対面取引」の3つがあります。

|インターネット取引

パソコンやモバイル(スマホ)での取引。昨今では、最もよく活用されており、自分のペースで取引できる。

|コールセンター取引

専用のコールセンターでの取引。口頭で取引したい場合に活用し、例えば、システムがダウンした時に使うことがある。

|対面取引

証券会社の支店窓口や電話での取引。昔ながらスタイルで、担当者と話したい場合に活用する。