外国為替レートの決定理論

為替レートには、株価債券価格のように、合理的かつ包括的な価格の決定理論がありません。実際、2つの通貨の相対的な需給関係以外に、常に基軸通貨である米ドルに影響されるため、その価格の根拠は非常に複雑になっています。

一般に為替レートについて、唯一正しいことは、「現状のレートこそが、市場の合意で作られたものであり、妥当である」ということです。とはいえ、為替レートの妥当性を考える上で、過去から現在まで様々な理論が考えられてきており、以下では、その代表的なものを2つほどご紹介します。

為替レートの購買力平価説について

購買力平価とは、金本位時代の1921年に、スウェーデンの経済学者カッセルが提唱した古典的な為替レートの決定理論です。この理論では、全く同じ商品やサービスを購入する場合、通貨単位は異なっても、同じ価値を持つという視点から、為替レートの適正水準を割り出すというものです。

一般に購買力平価は、短期や中期の為替レートの説明には全く役立ちませんが、長期的(10年以上)には、マーケット(市場)で形成される為替レートは徐々に購買力平価に収斂されると考えられています。そのため、現在も、為替レートの決定理論の中で、最も引用されるものの一つとなっています。

なお、購買力平価説には、絶対的購買力平価と相対的購買力平価の2つがあり、現在は「相対的購買力平価」が主流です。(OECDも相対的購買力平価に基づいたレートを発表)

<絶対的購買力平価>

同じ商品の価格が2つの国で一致するように為替レートが決定

<相対的購買力平価>

2つの国の物価水準の変化を反映して為替レートが決定

為替レートのアセット・アプローチについて

アセット・アプローチとは、外国為替市場において、短期の資本取引が支配的であるため、為替レートが金融資産(アセット)に対する需要と供給が均衡するように決まるという近代的な為替レートの決定理論です。

一般に本理論では、投資家は国内外の各種市場を見て、国内の金融資産と海外の金融資産の組み入れを行って最適なポートフォリオを構築し、この保有比率によって為替レートが決定するというものです。すなわち、金融資産の需給関係をもとに、短期の資本移動に注目した考え方となっています。

<近代的な為替レートのその他の決定理論>

マネタリー・アプローチ、マンデル=フレミング理論(MF理論)