為替相場を動かす材料は?

為替相場は、大小様々な材料(テーマ)を元に、市場参加者の期待や思惑によって、日々変動しています。通常、相場は一定期間ひとつのテーマで動くことが多いので、常に今のテーマを把握すると共に、次のテーマも予測しておくことが大切です。また、テーマの変化によって、大きなチャンス(機会利益)が発生する時が必ずあるので、取引を焦らないことも大切です。

イベント要因:サプライズ

・為替政策の変更(特に米国の為替政策)
金融政策の変更(特に米国の金利決定)
・経済指標の発表(予想と結果の差)
G20G7の声明(為替に関する発言・発表)
・要人によるコメント(為替に関する発言)
ヘッジファンドなどの投機筋の仕掛け
中央銀行による為替介入
・地政学的な問題(政治、紛争、テロ、緊張、災害他)
・日本の大地震(首都圏直下型、海溝型)

平常要因:日常取引

・市場参加者の思惑(関心事、テーマ)
ポジション調整(短期ではポジションの傾きに注意)
キャリートレード(金利差3%以上が一つの目安)
・市場のムード(楽観、平静、悲観)
・季節的な要因(決算、休暇シーズン他)

関連市場動向:マーケット指標

・為替関連:EUR/USD、USD/JPY、EUR/JPY
・金利関連:無担保コールO/NFFレート、欧州中央銀行貸出金利
・株式関連:日経平均TOPIXダウ平均S&P500、NASDAQ、DAX
・債券関連:米国10年国債、日本10年国債、ドイツ10年国債
・商品関連:CRB指数、金価格、原油価格

為替相場を動かす定例会合

・米国:FRBFOMC
・日本:日銀金融政策決定会合
・ユーロ圏:ECBの政策理事会

為替相場を動かす世界的な要人発言

・米国:米財務長官、米財務次官、FRB議長、地区連銀総裁
・日本:首相、財務大臣、財務省財務官、財務相国際局長、日銀総裁
・ユーロ圏:ECB総裁

為替相場を動かす国際会議

・G20/G7財務相中央銀行総裁会議
主要国首脳会議(サミット)
ユーロ圏財務相会合
・APEC首脳会議 他