外貨投資の種類は?

現在、外貨投資は、円貨投資以上に様々なバリエーションがあります。それは、世界中が投資対象であり、各国毎に様々な金融商品があるからです。一方で、私たちが普段取引するものについては、時間的な問題、言葉の問題、知識的な問題から、ある程度の制約があり、通常は日本の金融機関が取り扱う商品を活用することになります。

一般に身近な外貨建て商品には、ドル預金やユーロ預金、豪ドル預金、NZドル預金、外貨MMF、外債、米国株、中国株、外国為替証拠金取引などが挙げられますが、もし自分でしっかりと責任を持ち、直接海外の金融機関と取引ができるなら、その投資対象は非常に幅広いと言えます。また、各商品によって、それぞれ違いがあるので、自分の投資スタイルにあったものを選択することが大切です。

ここでは、外貨投資の種類(運用商品)について見てみましょう。

外貨投資の運用商品の分類

外貨投資の運用商品には、大きく分けて、「為替で収益を狙うもの」と「為替+投資商品で収益を狙うもの」の2つがあります。かつては、外貨投資と言えば、円高で買って円安で売るというスタイルが一般的でしたが、今日では、外国為替証拠金取引(FX)が身近になり、為替相場の変動(円高と円安の両方)で収益を狙う人も増えています。

・為替で収益を狙うもの:外貨預金、外貨MMF、FXなど
・為替+投資商品で収益を狙うもの:外国投信、外債、外国株など

為替で収益を狙う外貨建て商品

一般に「為替」で収益を狙う外貨建て商品には、為替差益と金利収益の2つの収益源があります。

外貨預金について

・ドル、ユーロ、豪ドルなどの外貨で行なう預金
外貨からの円転で収益を獲得できる(利息収入もあり)
・種類は、普通預金や定期預金などがある
・取扱機関は、銀行や信金、信組、労金など

外国預金について

・海外の銀行で行なう預金
・海外居住時(駐在、留学、長期滞在等)に特に便利である
・種類は、普通預金や当座預金、定期預金などがある
・取扱機関は、海外の現地銀行

外貨MMFについて

・外国投信の一つで、流動性と安全性が非常に高い商品
・外貨からの円転と分配金で収益を獲得できる
・種類は、ドル建てやユーロ建て、豪ドル建てなどがある
・取扱機関は、証券会社や銀行など

外国為替証拠金取引(FX)について

・少ない資金で大きなリターンが狙える証拠金の仕組みを活用した商品
・為替売買とスワップポイントで収益を獲得できる
・円安と円高の両方で収益が常に狙える
・取引できる通貨ペア(通貨の組合せ)は非常に多様である
・取扱機関は、FX会社や証券会社、銀行、商品取引会社など

為替eワラントについて

・為替を対象としたカバードワラント
・円安と円高の両方で収益が常に狙える
・少ない資金で大きなリターンが狙える
・取扱機関は、一部のネット証券

|外貨建て個人年金保険について

保険料の支払いや保険金の受け取りを外貨で行う個人年金保険
・外貨建て資産で運用されるため、利回りが高くなる傾向がある
・保険料は一括支払いタイプが主流である
・年金の受取時の為替相場が保険料の支払時に比べて円高になった場合、大きく損をしてしまう可能性がある
・取扱機関は、保険会社や証券会社、銀行など

為替+投資商品で収益を狙う外貨建て商品

一般に「為替+投資商品」で収益を狙う外貨建て商品には、為替差益と金利収益の2つの収益源に加えて、投資商品の収益もあります。

外国投信について

・海外で設定される投資信託(ファンド、ETF)
・投資ニーズに合ったもので運用し、収益を獲得できる
・為替差益+分配金収入+売却差益が狙える
・ファンドやETFの種類は非常に多様である
・取扱機関は、証券会社や銀行など(ETFは証券会社)

外国債券について

・発行者、通貨、発行場所のいずれかが海外の債券
・種類は、円建てや外貨建て、デュアルカレンシーなどがある
・為替差益+クーポン収入+(売却差益、償還差益)が狙える
・為替リスク以外に、債券の発行元の信用力にも注意が必要
・取扱機関は、証券会社や銀行など

外国株式について

・海外企業の発行する株式
・日本の証券会社では、米国株と中国株が比較的身近である
・世界の有望銘柄で運用し、収益を獲得できる
・為替差益+売却益+配当収入が狙える
・取扱機関は、国内および海外の証券会社