外貨投資のリターンとリスクは?

外貨投資の中には、円貨投資以上に高収益の魅力的な金融商品が数多くあります。これまでに、金融機関で外貨投資(外貨建て商品)の説明を受けたことのある方もいるかと思いますが、その説明は何となく分かるけれど、何か曖昧で形式的な感じがして、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか?

一般に外貨投資のリターンとリスクは、いくつかの要素から構成されているので、その概要を掴めば、運用商品の仕組みをよく理解することができます。ここでは、外貨投資のリターンとリスクについて見てみましょう。

外貨投資のリターンについて

外貨投資では、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つのリターンがあります。

|外貨投資のキャピタルゲイン

為替差益外貨預金外貨MMFなどで円安が進行した場合)
・為替売買益(外国為替証拠金取引通貨ペアを売買した場合)
・商品売却益(外国株外国投信などで売却価格が購入価格より高い場合)

※キャピタルゲインがあることは、同時にキャピタルロス(為替差損、売却損)の可能性もある。

|外貨投資のインカムゲイン

利息(外貨預金、外国預金
スワップポイント(外国為替証拠金取引)
クーポン外国債券
分配金(外貨MMF、外国投信)
・配当金(外国株式)

※リターンを考える場合、手数料や税金にも注意する。

外貨投資のリスクについて

外貨投資では、個別の商品リスク(金利、価格変動、流動性、信用等)以外に、常に「為替リスク」や「カントリーリスク」が存在します。

|外貨投資の共通リスク

為替リスク為替差損
カントリーリスク(対象国の危機)

|外貨投資の個別リスク

金利リスク(金利収入等の変動)
価格変動リスク(売却損、償還損)
流動性リスク(売却・換金できない事態)
信用リスク(金融機関の倒産、デフォルト)
・レバレッジリスク(外国為替証拠金取引の損益変動リスク等)

※外貨投資では、取引日が海外の営業日基準になることがあるで注意する。