日銀の市場介入とは何か?

外国為替市場において、為替相場が急激(過度)に変動した場合、市場介入が行われることがあります。これまでの市場の歴史の中で、日本銀行(日銀)は、他の先進諸国の中央銀行に比べて、為替の市場介入に非常に積極的です。その理由として、日本は輸出立国のため、急激な円高進行が産業界に大きな影響を与えることが挙げられます。

一般に日銀の市場介入は、ほとんどが単独介入で、行き過ぎた円高や行き過ぎた円安に対して、為替レートを当局が考える水準に是正することが目的となっています。通常、介入が行われた場合、為替レートは大きく変動しますが、実際の介入効果については、中長期の視点で捉えた方がよいとのことです。

外国為替市場への介入とは?

市場介入(為替介入)は、正確には「外国為替平衡操作」と言い、中央銀行や財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨を売ったり買ったりすることをいいます。

 介入の効果:協調介入委託介入単独介入

日銀の市場介入について

日本では、円相場の安定を実現するために、財務大臣の権限において実施されます。この場合、日本銀行は財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行します。

・東京市場:ドル/円について介入
・東京市場以外:各市場を管轄する中央銀行に頼んで委託介入

日銀の市場介入の方法

日銀の市場介入には、2つのルートがあります。

・直接介入:インターバンク市場で有力銀行と直取引
・間接介入:インターバンク市場でブローカー経由で取引

日銀の市場介入のタイプ

日銀の市場介入には、公表する場合と公表しない場合があります。

・通常介入:介入を公表して実施
覆面介入:介入を公表しないで隠密裏に実施

日銀の介入資金の調達と運用

日銀の市場介入は、すべて政府の「外国為替資金特別会計(外為特会)」を通して行われます。

・ドル買い円売り:国庫短期証券(T-Bill)を発行
・ドル売り円買い:外為特会が保有するドル資金を売却