外貨投資とは何か?

外貨投資とは、日本円を米ドルやユーロ、豪ドルなどの外貨に替えて、外貨建て商品で運用することをいいます。これは、日本円を外貨に替えて運用するため、金融商品の個別リスク以外に、為替リスクが常に存在し、また為替レートの変動によって収益が大きく左右されることになります。

ここでは、外貨投資の概要について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

外貨投資の基本事項について

外貨投資は、外貨預金や外貨MMF、外国投信、外国債券、外国株式、外国為替証拠金取引などの外貨建て商品を活用して、円以外の通貨(外貨)で資産を運用することをいいます。また、金融資産の一部を外貨建て商品に振り向け、円建て商品と組み合わせることで「国際分散投資」が可能になります。

・ローリスク商品
-外貨預金(普通、定期他)、外貨MMF
・ミドルリスク商品
-外国投信、外国債券、外貨建て個人年金保険
・ハイリスク商品
-外国株式、外国為替証拠金取引、為替eワラント

外貨投資の対象通貨について

外貨投資では、大きく分けて、「先進国通貨」と「新興国通貨」の2つが投資対象となります。

先進国通貨
-米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン
-カナダドル、豪ドル、NZドル、ノルウェークローネ・・・
新興国通貨
-南アランド、ブラジルレアル、トルコリラ、メキシコペソ
-人民元、香港ドル、タイバーツ、ロシアルーブル・・・

外貨投資の目的と効果について

近い将来、日本は、人口の減少や少子高齢化の進展などによって、国力が大きく低下し、日本円の価値が下落する恐れ(可能性)があると指摘されています。

そういった中で、外貨投資は、日本円以外の外貨で運用することにより、万一の円資産の目減りをある程度カバーできると言われています。これより、外貨投資の一番の目的は、国際分散投資による「資産防衛」と言えます。

一般に外貨投資では、円以外の通貨で「国際分散投資」をすることによって、中長期で資産の運用と保全の効果があります。また、実際の運用にあたっては、自分なりの目的を明確にしておくことが必要です。

・高金利+為替差益を狙った運用
-高い収益の獲得
・円安の進行で円建て金融資産の目減りを防ぐ
-グローバル分散投資の実践(資産防衛)
・外貨での資産作りと消費
-外貨で殖やし外貨で使う(海外旅行、海外留学、海外移住他)

外貨投資のポイントについて

外貨投資を行うにあたって、最低限のポイントは押さえておきましょう。

◎外貨預金や外貨MMF、外国債券などでは、円高で預け、円安で引き出すのが基本である。

◎FXでは、為替相場の変動を狙い、ロング(買い)とショート(売り)の両方で収益を上げることができる。

◎為替レートや金利などの市場動向は、常にチェックする。

◎投資する商品の仕組みや特性、リスクなどをよく理解する。

◎運用の際に、為替の購入レートや損益分岐TTBを把握する。また、評価損益に注意し、評価益がある程度出ていたら、適宜、利益を確定する。

◎預入日や金融機関名、通貨、商品、投資額の記録は必須。また、資産状況(時価評価額)は、定期的に把握する。

金融知識(外貨投資)

外貨投資の概要

外国為替の概要

外国為替市場の概要

FXの基本

FXの実務