外国為替レートとは何か?

外国為替レートには、「インターバンクレート」や「対顧客レート」、「FXレート」など、様々なものがあります。

普段、ニュースなどで流れる為替レートは、ロイターやブルームバーグなどの情報ベンダーが外為ブローカーや銀行などから取得した、インターバンク市場の「参考レート(スポットの気配値)」が表示されています。

ここでは、外国為替レートの概要について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

外国為替レートの基本事項

外国為替レートは、異なる通貨を交換する時の比率をいいます。これは、通貨と通貨の交換(売買)で決まるものであり、一方の通貨の買いは、もう片方の通貨の売りになります。そのため、通貨ペアにおいて、一方の通貨の値上がりは、もう片方の通貨の値下がりという関係が常に成り立ちます。

・通貨(対価)と通貨(対価)の交換比率
・対外貨の円価格=対円の外貨価格

外国為替レートの分類

外国為替レートには、いくつかの分類があります。

|通貨の交換時期による分類

直物為替レート:Spot Rate
先物為替レート:Forward Rate

|取引の対象別による分類

・インターバンクレート:インターバンクの取引レート
・対顧客レート:銀行などが提示する取引レート

外国為替レートの表示方法

現在、外国為替市場では、米ドルが世界の基軸通貨のため、外国為替レートは、ユーロ/米ドル、米ドル/円、英ポンド/米ドルのように、主に米ドルを基準に交換比率が表示されています。

また、為替レートには、「自国通貨建て」と「外国通貨建て」の二通りの表示方法があります。

|自国通貨建て

「外国通貨1単位=自国通貨でいくらか?」という表示方法。 例えば、1ドル=100円という表示は、日本にとっては自国通貨建て、米国にとっては外国通貨建て。

|外国通貨建て

「自国通貨1単位=他国通貨でいくらか?」という表示方法。例えば、1円=0.01ドルという表示は、日本にとっては外国通貨建て、米国にとっては自国通貨建て。

外国為替レートの決定原則

外国為替レートは、外国為替市場において、通貨の買い手と売り手の「需要と供給の関係」によって、レートが決定されます。

・レートが上がる:需要(買い)> 供給(売り)
・レートが下がる:需要(買い)< 供給(売り)

また、外国為替市場は、月曜日のウェリントン市場に始まり、金曜日のニューヨーク市場で終わるまで、24時間、世界のどこかしらで外国為替取引が行われており、各市場のレートは、時間の経過と共に、次の市場に引き継がれていきます。

金融知識(外貨投資)

外貨投資の概要

外国為替の概要

外国為替市場の概要

FXの基本

FXの実務